殺人鬼のを飛鳥井(またはミズハノメ)のもとに連れてくる存在…?, これはなんとなくですがいなくなった飛鳥井の本体は ("naturalWidth"in a&&"naturalHeight"in a))return{};for(var d=0;a=c[d];++d){var e=a.getAttribute("data-pagespeed-url-hash");e&&(! レクタ―博士の例を挙げるでもなく、殺人鬼の心理は殺人犯でないと理解できない(謎解きできない)から, ●百貫は誰に殺意を抱いたためイドを生じさせたか

苗字だけ。ってのはやはり何かが欠落している、足りない、ってことかな? 前回は菊池がさらわれ、生き埋めに... うーん・・・正直な話これはちょっとやりすぎに思えるかな ブッチャケた話、名探偵の肩書持ってる人だけがプレーヤーで他の人達は全てNPCのVRゲームだったってオチだけは何としてでも回避してほしいところです, うーん仮想空間とまではいかなくても、現実世界を何らかの形で転倒してくる可能性はあるでしょうね。, 『ID』と近しい『ディスコ探偵水曜日』や、漫画の『バイオーグトリニティ』も時空を超えるみたいな超展開目白押しでしたし。, それに、全て仮想空間だった…なんて乱暴な片し方はさすがにしないかなぁ…と舞城王太郎には期待しています(笑), 飛鳥井の夢に次々と現れる殺人鬼⇆ 同様に、今できることは(架空の世界であっても)、妻と娘を死なせないこと。今のうちにタイマンをやっつけることが必要と思って行動している。, ●飛鳥井はサイキックだった

松岡が殉職者の弔いのときにこの三人ではそういうのはナシにしよう、

存在を知っていたし、所長の怪しさ満点ですね笑, ・鳴瓢と飛鳥井との関係も気になります

[CDATA[ 皆々様こんにちは。『イド:インヴェイデッド(以下『ID』)』担当のgatoです。前回は墓堀との戦いが決着し、本堂町が新たな名探偵の候補として急浮上しました。しかし彼女の連続サツ人鬼的な一面が明らかになってしまうというなかなかシビアな展開に… さて、前回はかつて刑事であり、妻... 皆々様こんにちは。 飛鳥井が夢で死に続けていることをある時は知っていたのでしょうか… もし眠り続けて目覚めないのなら、(夢の中で)死ぬことはない。偽イドでも眠らせないようにして欲しい、と鳴瓢に訴えていた。なぜなら飛鳥井にとって目覚めは死の体験の後に思ることだから。飛鳥井が「眠ったなら、目覚めたくない」と強く願った結果、サイキック能力が発動し、周りの人間が昏睡状態になる事件が発生した。, ●飛鳥井を夢の中で最初に殺したのはジョン・ウォーカー 11, 前回はジョンウォーカーに関する情報を探るために百貴(ももき)のイドに秋人と富久田(ふくだ)が潜入しました。, しかし百貴のイドの中には秋人と同様にミヅハノメのコクピットがあり、おまけにそれは謎多き女「飛鳥井木記(あすかいきき)」のイドにつながっていました。, 前回の展開をそのまま踏襲するなら、今回の舞台は飛鳥井のイド…ということになりますが、実態は我々の予想の斜め上をいきました。, 基本的に持ち主の主観性で構築される傾向があるイドですが、今回酒井戸…もとい秋人が入った世界は現実とほとんど区別がありません。, さらに秋人が酒井戸として存在しておらず、記憶もそのまま持ち越されているという状態です。, 秋人は「イドの中の架空のミヅハノメが作り上げたでっち上げの世界」と解釈していましたが…個人的にはもうプチパニック(笑), これまでミヅハノメは思念粒子を元に個人の無意識(主観性)に基づいたイド(世界)を構築してきましたが、架空とはいえあれほど現実に即している世界を作り上げるとなると、もはや根底から機能が異なっているといえます。, いうなれば従来のミヅハノメが「精神世界の実現」だとしたら、この架空のミヅハノメは「過去の再現」になってしまいますね。, また、明らかに10分以上経過しているのに秋人が排出されていないところをみると、どうやらイドと架空のミヅハノメが作る世界は時間の流れ方も異なっていると推測できます。, いささか突拍子のない表現をするなら、あの架空のミヅハノメが作った世界は現実-イドそれぞれとも異なる第三の世界を構築しているといえるでしょう。, いや~どうしてこんな世界が存在するのかについては色々解釈する余地はありますが…個人的に二つの仮説が思いつきます。, 描写をそのまま受け取っただけの解釈ですが、これってつまり飛鳥井は「他者のイドに入り口を作りつつ、別の世界を構築する」というとんでも能力を持っていることを示しちゃうんですよね…。, 元々ミヅハノメには謎が多いと語られていましたが、その謎の機能が今回発揮されているということ。, 「なぜそんな機能があるの?」といわれると、ちょっと今の段階では答えられないことが多いですけど(笑), ただ、この機能を「ミヅハノメの本来の機能」と解釈した場合、なかなかすごいことになる予感…。, もしそうだったとしたら、ミヅハノメが「思念粒子をベースに主観的な世界であるイドを形成すること」は副次的な機能に過ぎず、本来は「個人の過去の世界を再現する」ための装置ということになります。, だとしたら、ミヅハノメは連続サツ人鬼の捜査などではなく、より壮大な計画のために開発された…なんてこともいえそうになりますね。, そういえば先に飛鳥井のイドに入った聖井戸御代(ひじりいどみよ)こと本堂町(ほんどうまち)はどこにいったのでしょうかね。, もしあの世界が「秋人の過去」に合わせて構築されているなら、本堂町は彼女の過去に合わせて構築された世界へ飛ばされた…なんてことがあるのだろうか。, ただ、もしそうではなく、同じ過去の世界に秋人も本堂町もいるとしたら、あの世界が本当に過去の世界ってことになっちゃいそうな気がする(笑), 前々回からピックアップされつつも、なかなか素顔が分からなかった飛鳥井ですが、今回でやっと色々話してくれました。, なんと飛鳥井は半ば強制的に相手に自分の内側にあるもの(思考、記憶、夢など)を届ける能力を持っているとのこと。, う~ん…この能力が何を意味するのかはまだ不明ですが…彼女が他者と自身の内側にあるもの=無意識を共有できる(他者が入ってこれる)という点は無意識からイドを形成し、他者が入れるようにできるミヅハノメの機能とどこか重なっています。, 少し安直な解釈ですが、夢が無意識が作り出す産物だとしたら、それはもはやイドの別形態といえます。, この観点をさらに突き詰めるなら、ミヅハノメの機能のモデルは飛鳥井の能力であるという可能性すら浮上してきそうですね。, なぜ自サツ願望を持つに至ったのかはまだわからないですが、勝山の自宅から百貴に助け出された際に飛鳥井は「シなせてください」と口にしていました。, つまり飛鳥井の夢は彼女の「シにたい」という欲望が反映されたものであり、その欲望を叶えるために連続サツ人鬼が度々やってくると解釈できそうです。, ただ…色々解釈しても、彼女の過去に関する情報が少ないから上手く着地させられないな(笑), まぁ「自分の内側にあるものが全て筒抜けになるため秘密を持てない」って状態になったら生きづらいことこのうえないでしょうし、それが原因で周囲の人間とのトラブルが絶えないのであれば、自サツ願望の一つや二つは生まれきそうなものです。, それに飛鳥井は秋人に「自分を眠らせないでくれ」と頼んだり、「あなたを楽にしてあげますよ」という秋人の申し出を受け入れたりしていました。, 今回登場した飛鳥井は3年前、つまりミヅハノメが開発される以前の人物だったため、具体的な関連性は不明でしたが…さきほどお伝えしたように彼女の能力とミヅハノメの機能はつなげることができそうですね。, そこで、ここでは「ミヅハノメの機能=飛鳥井の能力」という仮説をちょっと掘り下げてみましょう。, さきほども触れましたが、飛鳥井の能力とミヅハノメの機能は近しいものであり、彼女がミヅハノメのモデルになった可能性は十分に考えられます。, 思念粒子を媒介に飛鳥井と同じ能力を他者に擬似的に適応している…という具合でしょうか。, もしかしたら、ミヅハノメは飛鳥井の脳を利用したバイオコンピューターみたいなものなのかもしれません。, その機械の中で彼女は眠り続けており(あるいは脳だけになっている?)、常に夢の中にいる状態になっているため、そこから目覚めようとしているのかもしれません。, だから思念粒子の検知にはサツ人鬼(飛鳥井の命を奪う人間)を指し示すサツ意が必要なのであり、だからイドの中で飛鳥井はかえるちゃんとして常にコロされ続けるのであり、だからイドの中に彼女のイド(?)につながるコクピットがあるわけです。, そして、この仮説を元に「なぜミヅハノメが作られたのか」にまで踏み込んでみるならば…。, さきほどお伝えしたように、ミヅハノメの機能は飛鳥井が目覚めさせることにつながっているといえます。, だとしたら、ミヅハノメが開発された目的はサツ人鬼を捜査するためではなく、彼らを飛鳥井につなげ、何度も夢の中でサツ人鬼に飛鳥井をコロさせ続けることで彼女を目覚めさせるため…なんてことがいえそうですね。, これまで何度もイドの中で暗躍し、百貴がその正体ではないかとされたジョンウォーカーですが、なんと彼は飛鳥井の命を夢の中で奪った一人目だったのです。, そして彼が様々な連続サツ人鬼を彼女の夢の中に呼び込み、命を奪わせていたことも明らかになりました。, まず、ただの記号ではないかともいわれていたジョンウォーカーですが、飛鳥井の口ぶりを見ると、ちゃんと接触できる人物…つまり実在の人物である可能性が高くなります。, 彼は夢の中で飛鳥井の命を奪う過程で他のサツ人鬼を引き入れたとのことですが、恐らくその流れで飛鳥井の命を奪うために連続サツ人鬼を作るようになった…と考えられそうですね。, そして飛鳥井の能力があったとはいえ、ジョンウォーカーは誰かの夢=無意識の中に入ることができた、他者をその中に呼び込むことをしていた…。, つまり誰かの無意識の中に別の誰かを入れるという彼の行いはミヅハノメ的なんですよね。, だとしたら…ジョンウォーカーってミヅハノメの関係者だっていう説が有力になってきそうです。, ただ、気になるのがなぜジョンウォーカーが「飛鳥井をコロし続ける」のかという点です。, 勝山や園田みたいなヤバい人間だったらそれまでですが、他の人間を引き入れてまで飛鳥井をコロし続けるもんですかね?, もしジョンウォーカーが単純な連続サツ人鬼だったら、勝山みたいに現実でもやりそうだし、何より彼女を独占しそうな気がします。, それに飛鳥井が「命を落とさないと夢から覚めない」という特性を持っていることを踏まえると、ジョンウォーカーは彼女を目覚めさせるためにコロし続けている…と解釈できそうですね。, さらにさきほどの「ミヅハノメ=飛鳥井」を流用するなら、目を覚まさなくなった飛鳥井のためにジョンウォーカーがミヅハノメを白駒と開発した…なんて可能性が出てきそうだな(笑), そうなれば「飛鳥井を目覚めさせるために連続サツ人鬼でコロし続ける」ジョンウォーカーと「飛鳥井を楽にするために連続サツ人鬼をコロし続ける」秋人で対比できるんだけどなぁ…。, というか、詳細はわからなかったものの、ジョンウォーカーのモザイクなしの顔が初めて出てきましたね。, 村上春樹の代表作の一つである『海辺のカフカ』にジョニー・ウォーカーという猫を片っ端から屠っている人物が登場するんですが、これがどこかジョンウォーカーに近い。, ジョニー・ウォーカーはウィスキ一の銘柄である「ジョニー・ウォーカー」のラベルの絵がモデルですが、ジョンウォーカーという名前はそのジョニー・ウォーカーの創業者の名前と一緒なんです。, ちなみにラベルの絵の格好とジョンウォーカーの格好もほぼ一緒なんですね(上の画像の通り)。, 前回は台詞もなくあっさり秋人に撃たれてしまった勝山ですが、今回はちゃんと台詞つきで登場、秋人と激闘を繰り広げました。, いやー紳士的な外見とは裏腹に、殴るのも殴られるのも好きなうえにメチャクチャ戦闘力が高い…。, 何はともあれ、秋人や飛鳥井の重大な関わりを持つ勝山ですが、今回の描写はそれを納得させるものでした。, さきほども触れたように、元々飛鳥井の命を奪う行為は夢の中で行われてきたものでした。, 実際にあったかはまだ不明ですが、「顔剥ぎ」こと園田の台詞を念頭に置くと、この行為は「夢の中でだけ飛鳥井の命を奪える」という不文律を破っているわけです。, つまり勝山は夢の中での出来事を現実で実現しようとした…そしてこの行為が飛鳥井に大きな変化を及ぼすことになった…なんてことは充分ありえますね。, いやー謎の「でっち上げの世界」に飛び込んだだけでも驚きですが、飛鳥井の登場で解釈多様性がガンガン広がったな(笑), しかし、今回は飛鳥井と関係が深い思われる百貴の描写は少なめであり、また「全部罠だ」という発言の真意も不明なまま。, ちなみに最近知ったのですが監督のあおきえいのTwitterで舞城王太郎が出した『ID』の原案でタイトルが『ALIEN THURSDAYYY』であり、「木曜日の名探偵」が木星Zを通じてイドに入る…という設定が明かされていたそうですね。, うーん、これワードだけ拾うと完全に『ディスコ探偵水曜日』もじっているんだよなぁ(笑), 『ディスコ探偵水曜日』のサブタイトルは『DISCO WEDNESDAYYY』だし、水曜日の探偵だし、キャラだけど水星Cってのが出てくるし…。.

"),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0

このイライラをコメントで発散させよう(笑)!, 【聖井戸御代だけ、なぜフルネームか】 次も記事を楽しみにしていますね, >飛鳥井の夢に次々と現れる殺人鬼⇆ミズハノメに次々投入される殺人鬼のさついの世界(イド), 一見するとミヅハノメは思念粒子の持ち主に影響されてイドを形成していますが、そのイドの存在意義は全てかえるちゃん=飛鳥井に向いていることが窺えますね。, >ジョンウォーカーは殺人鬼を作っているというよりは殺人鬼のを飛鳥井(またはミズハノメ)のもとに連れてくる存在…?, 確かに彼の行動のきっかけは夢の中の飛鳥井の命を奪うために連続サツ人鬼を連れてくることでしたからね。, ただ、その過程で潜在的に連続サツ人鬼の素質を持った人間を育てる方向にシフトした一面もあるのかなぁ…と思っています。, >これはなんとなくですがいなくなった飛鳥井の本体は構成員も触れられないというミズハノメの中心部にあるのでは?, 僕もそのような観点でミヅハノメが飛鳥井を利用したバイオコンピューター的なものと解釈しています。, >そこではかえるの死と名探偵という記号的存在にはならず、飛鳥井の死と捜査員という形だったとか…?, 確かに飛鳥井の夢に入り込んでいた勝山や園田は夢の中はもちろん、現実でも記憶や自我を保持していました。, まだミヅハノメの開発経緯が描かれていないのでなんともいえないですが、もしかしたら外部でも運用できるようにするため、なおかつ飛鳥井を秘匿するために名探偵・犯人・被害者という役者を用いた物語を作ったのかもしれません。, つまり飛鳥井をコロし続ける世界を維持するために彼女を自然にコロせる舞台を作り上げたというわけですね。, >ミズハノメの開発者、所長、やたらイドに詳しい松岡、百貴、あたりはプロトタイプの関係者?, とりわけ百貴は飛鳥井を保護した人物ですから、ミヅハノメの開発に加担していても不思議ではありません。, 飛鳥井=かえるちゃんなら、飛鳥井の名前が記されたコクピットに対してもう少し別の反応をしそうですが…。, まぁジョンウォーカーについて東郷と話し合っていたところを見ると、黒幕ではなさそうだけど…。, 元々秋人はかえるちゃんに椋を重ねていた節があったので、その延長線の感情かなぁと思っています。, 第9話でも綾子が自ら命を絶つ光景を見て泣いていたことを踏まえると、彼女のことも恐らくかえるちゃんに投影されていたのでしょう。, それらのトラウマがあるからこそ、かえるちゃんにあの感情を向けているのかなぁと考えています。, 単純に椋や綾子が襲われる前の時系列だから、二人が無事で勝山も彼女の存在を知らないのだと思っていましたが…。, いくら常軌を逸していても、中学生をターゲットにするのはよくわからないんですよねぇ…。, なかなか難解さ・複雑さが増してきましたが、tonさんの言葉を励みに頑張っていこうかと思います(笑), や~、ますます複雑になってきました。

id:invaded イド:インヴェイデッド 第10話 感想:現実を見失っていた鳴瓢さん、10分がこんなに長いとは! ID:INVADED イド:インヴェイデッド 第9話 感想:ミズハノメの仕組みや飛鳥井さんなど知りたい …

夢の中で苦しい思いをしたことがないのでわからないけれど、友人がプールで排水溝に足をとられて(まるでテルマエロマエみたいに・笑)溺死する夢をみたことがあるそうで、それはそれは苦しかったとのこと。「イドの中でも死んだ実感がある」くらいだから、夢の中の死も相当なの苦痛のはず。鳴瓢もそう言っていた。 といった感じに見えてしまいました。, ・百貴は警官に煽られるまで自分のイドの存在を知らなかったようなので 前回は本性を表した早瀬浦こと裏井... 皆々様こんにちは。

『イド:インヴェイデッド』(以下『ID』)担当のgatoです。 嫌な可能性をふと感じましたがそんなことを言い始めるともう全てが怪しく見える笑, 今が一番面白い時ではという気がして色々考えてしまいます

":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! 鳴瓢はそれをわかってる。家庭があってでも失って。社会人としての経験もある。でも本堂町には”円周率”は理解できないだろうし、存在すらわからないのかもね。社会になったばかりで世間知らずだし、年齢も若いし。”絶対正義”をよしとする、ってのが既に子ども。原因の一端は母娘関係にあるかもね。, また本堂町は覚悟の自殺ができるほど性根が座っているともいえる。それは飛鳥井にはない部分。飛鳥井も自殺しようとしてるんだけど、確実な死を選んでない。本堂町ほど性根が座ってない。自我が目覚めてあのサイキック能力があれば仕方ないんだろうけど。, 聖井戸御代は、ミズハノメ的、あるいは本堂町的にはパーフェクトなんだろうけど、現実の世界は、自然があって感情があって、誰かを思いやることができる世界なんだから、円周率の世界なんじゃないかな。だから鳴瓢イドの円周率の出現や妻子への悔恨も同意する。穴井戸の一転突破も同意する(富久田の殺人じゃないよ)。だけど、聖井戸御代には同意できない。それは60歳近く生きてきた私の感想だけど。, ミズハノメがどういう機能を持つものかわからない現時点では、断定できないけど、そんな推理もしてる、かな。, 聖井戸が登場した際の記事にも書きましたが、ある意味一番ストイックに探偵をやれているのは彼女だけなんですよね。, 探偵は人助けをするわけではなく、とことん推理に集中する…それがあるべき姿なのでしょう。, だから聖井戸はフルネームが揃っていると捉えていますが、彼女の存在はまだ色々解釈できる余地がありそうですね。, 個人的には本堂町は正義感で動いているというより、「事件を解決する」ということに全振りした使命感で動いている印象ですね。, >鳴瓢は、蔵に収監されてから教唆犯になったわけだけど、それはミズハノメの影響か、と考えられる。, ミヅハノメの影響はもちろん、彼の生来の素質や酒井戸になってまでかえるちゃんに妻子を投影してしまう点も影響を及ぼしていると思いますね。, 彼にとって連続サツ人鬼はすべからく妻子の命を奪った対マンと等しい存在なのでしょう。, 別の記事でも書きましたが、個人的に円周率は井波のイドに出てきた円環の列車と同じようなものだと思います。, それこそ特定の過去への堂々巡り、以前さなえちゃんの古井戸さんのコメントにもあった「閉塞感」の表れといえるのではないでしょうか?, >勝山に殺された人の顔写真が出てくるところで、最初に”岸辺真夏”って女性が出てきますが、この人、飛鳥井木記にそっくりです。, 秋人と本堂町はわかりますけど、冬川の役割にそこまで強い重要性はまだ感じられていないんですよねぇ。。。, すいません。しつこくて。 ワクワクが止まらねぇ! 期待以上の1話でした。まだまだ世界観の全容は謎に包まれていますが、おもしろい。 『イド:インヴェイデッド(以下『ID』)』担当のgatoです。 かえるちゃん=飛鳥井ということは最初から知っていたはず…, ・飛鳥井のイドへだれかを入れたくなさそうな百貴

『イド:インヴェイデッド』(以下『ID』)担当のgatoです。



言い過ぎだ 英語, Ikea ソファーベッド 子供, ダニエル書 日本, 宝くじ 種類 ジャンボ, 新潟地震 2020, 北欧 日本 ハーフ, 美穂 アイマス, 進撃の巨人 座標 ヒストリア, 藤原啓治 病気, シーサ。 収支, 千葉駅 アンティークショップ, 誇張表現 英語, 金持ちユーチューバー コード, 宝くじ ハズレ券 価値, 後藤卓也 ボウリング, Uqモバイル 解約トラブル, 赤口 財布, ブルックス スニーカー ゴースト, アミ チエ ジャポン 入会, タイバニ スロット 楓, シモンズ ボトム, Uqモバイル 解約 電話 つながらない, ビッグローブ光解約 流れ,