瀬戸内寂聴「くちなわ」を、朗読したばい。ほんとは、漢字で、くちなわ、だけど、変換できんとよ。六本木ヒルズのYouTube。旦那さんとの、歳の差を気にするように… 瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年〈大正11年〉5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。, 僧位は権大僧正[1]。1997年文化功労者、2006年文化勲章[2]。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまで新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞などを受賞している。, 徳島県徳島市塀裏町(現・幸町)の仏壇店(瀬戸内商店)を営む三谷豊吉・コハルの次女として生まれ、体が弱く、本を読むのが好きな子供だった。後に父が従祖母・瀬戸内いとと養子縁組したため、晴美も徳島高等女学校時代に三谷から瀬戸内に改姓。, 東京女子大学在学中の1943年に21歳で見合い結婚し翌年に女の子を出産、その後夫の任地北京に同行。1946年に帰国し、夫の教え子と不倫し、夫と3歳の長女を棄て家を出て京都で生活。大翠書院などに勤めながら、初めて書いた小説「ピグマリオンの恋」を福田恆存に送る。, 1950年に正式な離婚をし(長女とは後年出家後に和解したという)、東京へ行き本格的に小説家を目指し、三谷晴美のペンネームで少女小説を投稿し『少女世界』誌に掲載され、三谷佐知子のペンネームで『ひまわり』誌の懸賞小説に入選。少女世界社、ひまわり社、小学館、講談社で少女小説や童話を書く。また丹羽文雄を訪ねて同人誌『文学者』に参加、解散後は『Z』に参加。, 1956年、処女作「痛い靴」を『文学者』に発表、1957年「女子大生・曲愛玲」で新潮同人雑誌賞を受賞。その受賞第1作『花芯』で、ポルノ小説であるとの批判にさらされ、批評家より「子宮作家」とレッテルを貼られる。, その後数年間は文芸雑誌からの執筆依頼がなくなり、『講談倶楽部』『婦人公論』その他の大衆雑誌、週刊誌等で作品を発表。, 1959年から同人誌『無名誌』に『田村俊子』の連載を開始。並行して『東京新聞』に初の長編小説『女の海』を連載。この時期の不倫(三角関係)の恋愛体験を描いた『夏の終り』で1963年の女流文学賞を受賞し、作家としての地位を確立する。, 以後数多くの恋愛小説、伝記小説を書き人気作家となるが、30年間、純文学の賞、大衆文学の賞ともに受賞はなかった。, 1988年に出した『寂聴 般若心経』は1年で43万部を売るベストセラーとなる。1992年、一遍上人を描いた『花に問え』で谷崎潤一郎賞を受賞した。『源氏物語』の現代日本語文法訳でも、その名を知られている。, 2007年8月11日、館長を務める徳島県立文学書道館(徳島市)での講演で、加齢黄斑変性のため右目が大部分見えなくなったことを明かした。, 2008年には、いわゆる「ケータイ小説」のジャンルにも進出。スターツ出版が運営するケータイ小説サイト「野いちご」にて、小説「あしたの虹」を「ぱーぷる」のペンネームで執筆していたことを、9月24日の記者会見で明らかにした。, 2010年に脊椎を圧迫骨折し、半年間寝たきりの生活を余儀なくされる。2014年2度目の圧迫骨折治療中の検査で胆嚢癌が発見されたが、医師からは90歳を過ぎて手術をする人はいないと言われたものの、瀬戸内は「すぐに取ってください」とその場で決断、手術は成功。通常使用量の倍の薬でも収まらなかった腰の痛みは、がん騒動のうちに忘れていたという。その後復帰。2015年11月4日には、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演。入院中には激痛に耐えかね、「もう神も仏もない」と語った逸話が明かされた。番組では、がんは完治、痛みも全くなく酒を飲んでいると語った[3]。, 出家を志して、多くの寺院にあたるも拒否されていたが、1973年に今春聴(今東光)大僧正を師僧として中尊寺にて天台宗で得度、法名を寂聴とする(戸籍上の氏名は、出家した際に瀬戸内寂聴に改名)。, 翌年、比叡山で60日間の行を経て、京都嵯峨野で寂庵と名付けた庵に居す。尼僧としての活動も熱心で、週末には青空説法(天台寺説法)として、法話を行っていた。, Sponichi Annex 瀬戸内寂聴さん 闘病生活語る 激痛で徹子に「神も仏もない」, “「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判(1/2ページ)”, “「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判(2/2ページ)”, “【死刑制度廃止論】闇サイト殺人遺族の△△(闇サイト事件被害者女性の母親の実名)さん基調講演詳報 「被害者が1人でも、私にとってはかけがえのない大切な娘」 残忍な殺害状況も子細に…(5/11ページ)”, Jakucho Setouchiさん(@jakucho_setouchi) • Instagram写真と動画, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=瀬戸内寂聴&oldid=79830641, 地方講演などでは主に「笑うこと」が大切であるということを説き、座右の銘は「生きることは愛すること」だという。, 『寂聴あおぞら説法 みちのく天台寺「四季巡礼」 ビジュアル版』光文社 2002 のち文庫, 『寂聴あおぞら説法フォト・コレクション20 みちのく天台寺春夏編』光文社文庫 2010, 『あなたの人生を照らす瀬戸内寂聴希望のことば77 健康・夫婦・子育て・老い・人づきあい 完全保存版』中央公論新社 2015, 『千年の京から「憲法九条」 私たちの生きてきた時代』鶴見俊輔共著 かもがわ出版 2005, 『The寂聴』第1~12号 責任編集 角川学芸出版 カドカワムック 2008-10, 『日本人なら「気品」を身につけなさい ボクらの時代』美輪明宏,平野啓一郎共著 扶桑社 2008. 瀬戸内 寂聴(せとうち じゃくちょう、1922年〈大正11年〉5月15日 - )は、日本の小説家、天台宗の尼僧。 俗名晴美。京都府在住。. 僧位は権大僧正 。 1997年 文化功労者、2006年 文化勲章 。 学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。

薄桜鬼 千鶴 兄, ヤマダホームズ 評判, 宝くじ 引き換え コロナ, 自然災害 多い国ランキング, イドインヴェイデッド 小説, オクトパス トラベラー 大陸の覇者 リリース, 添田豪 全米, ウィッチャーi エルフの血脈, 家具メーカー ランキング, 大塚家具 マットレス 返品, Uqモバイル Imessage アクティベートできない, ウルトラ6兄弟 ハマり, 大塚久美子 経営 能力, ワンパンマン 本, 紅白 歌 合戦 68 回 動画, エキサイトメール 移行, ソフトバンクから ワイ モバイル コジポ, オクトパス トラベラー バイロン, ソナチネ 意味不明, 一粒万倍日 時計, 北島三郎 門下生, 遊戯王ラッシュデュエル パック, 宝くじ 一等 当たった, 松前ひろ子 娘, 匠大塚 オンライン, 津田健次郎 写真集 通販, 大塚家具 シモンズ, かねたや 成田, ワールドポーターズ 屋上 子供, エレン 巨人化 条件, レオリオ 声優 旧, 椅子 おしゃれ デスク,